極低侵襲緑内障手術【MIGS】



(MIGS;Micro Invasive Gloucoma SurgeryまたはMinimally Invasive Glaucoma Surgery) 【緑内障とは】 緑内障は、視神経が少なくなって視野(見える範囲)が狭くなる病気ですが、眼圧を下げる治療を行うことで視野欠損の進行を抑制することができます。通常、慢性のタイプの緑内障の進行はゆるやかですが、一度失った視野は治療しても取り戻すことができません。かなり進行するまで自覚症状はありません。ですので、早期に緑内障を見つけ、早期に治療を開始継続します。 【眼圧とは?】  眼の内圧、つまり眼球の硬さです。眼の中には、房水という水が眼の中で一定量作られ、同じ量が眼のシュレム管という部分から眼の外へ排出されることで、圧を保つようになっています。この産生と排出のバランスが悪くなることで、眼圧が上がったり、変動が多くなり、視神経が痛んでいき視野が狭くなっていきます。 MIGS

【治療の問題】


点眼治療は、病状、視野欠損の進行度、眼圧の値、内科的疾患などの有無などによって数ある緑内障点眼剤の中から、1剤から始め、眼圧の値や視野欠損の進行具合から点眼を変更したり、2~3剤に増やしたりして治療を継続し、なるべく視野欠損が進行しないようにします。しかし、点眼剤には様々な副作用や点眼作業の面倒さ、点眼忘れなどが多くなり、高齢になるに伴い点眼作業が困難になり、これらが緑内障を進行させてしまう原因となり、大きな課題となっています。 点眼治療を行っても視野欠損の進行が早い場合や眼圧が下がらない場合はレーザー治療や手術治療が行われます。  緑内障手術には、昔から線維柱帯切除術という手術が行われ、眼圧がよく下がり視野欠損の進行を抑制できることが知られています。しかし、細菌感染や出血、眼圧が下がりすぎる、手術後乱視が増えて見えづらくなる、などの合併症が問題になるなど侵襲が大きい手術です。そのため、早期にこの手術を行うことは少ないです。 MIGS

【MIGS】

 MIGSは、非常に小さな傷口から手術を行う低侵襲の緑内障手術のことです。いくつかの手術方法やインプラントやデバイスがあり、最近、多く行われるようになってきました。

【MIGSの特徴】

 小切開創から眼内にアプローチ  眼の組織への最小限の侵襲  眼圧の下降  高い安全性  日常生活への影響が最小限で早期復帰が可能

【iStentについて】

 当院ではMIGSのうち iStentというステントを挿入する手術を行っております。白内障手術と同時に行います。白内障が進行して白内障手術を受けられるとき、iStentを併用することで、白内障手術単独よりも眼圧が下がることが期待できます。緑内障の点眼薬を減らせる可能性があります。 iStentは認定制で認定を受けた医師のみが行う手術です。当院院長はiStent認定医です。保険診療で、費用負担は約2~9万円です。

  1㎜ほどの非常に小さいステントを1回使い捨てのインサーターで挿入します。

MIGS MIGS MIGS

  インサーターを白内障手術で作成した角膜の傷口から挿入し、眼の中からシュレム管にiStentを挿入します。そのため、新たな傷口を追加する必要がありません。

MIGS MIGS

  眼の中の房水の自然な排出を促進し、眼圧を下降させます。 緑内障治療をされている方で、白内障が進行して見えづらくなってきた場合、 白内障にさらに緑内障を同時に低侵襲に手術することができます。 手術時間は白内障と緑内障手術を合わせて20分ほどで終了します。点眼麻酔で行えます。 iStentは世界35ヵ国以上で使用され、50万本以上の使用実績がある有効性と安全性の科学的根拠が多数公表されている製品です。安全性は白内障手術と同等です。


 閉じる