硝子体内注射(抗VEGF抗体注射)

加齢黄斑変性症、糖尿病網膜症・網膜静脈分枝閉塞症・網膜中心静脈閉塞症の黄斑浮腫、近視性脈絡膜新生血管に対し、抗VEGF抗体注射の治療を行っています。 眼球の中で、一番視力に影響する網膜の黄斑部に血管新生が起き、黄斑部に出血したり、むくんだりして視力が低下します。放置しておくと、最悪失明してしまうこともあります。欧米では失明原因の第一位であり、日本でも、急速な高齢化や食生活の欧米化などで患者数は増えています。 抗VEGF抗体を注射することで、血管からの漏出を防ぎ、新生血管の退縮を図ります。 現在、上記疾患では第一選択治療をなっておりますが、対処療法ですので、注射薬の効果が切れると、黄斑浮腫などの異常所見が再発することがあります。ですので、 注射は1か月に1回注射し、3か月続け、その後は、2か月に1回注射を繰り返したり、注射間隔を伸ばしながら定期的に注射を繰り返します。

注射前後のスケジュール

注射3日前
感染予防で抗生剤点眼を点眼して頂きます。

注射当日
点眼麻酔をして、処置室で注射を行います。注射ですので、痛みも少なく、短時間で終了します。

注射にかかる費用

 

硝子体内注射は健康保険が適応されます。

  • 70歳以上の方は、窓口負担に上限があり、1割負担で14,000円以下、3割負担で57,600円以下となります。 それ以上の負担はありません。
  • 70歳未満の方(3割負担の方)は、約55000円です。

その他のご注意など

  • 当日は、朝食・昼食を済ませていただいても構いません。
  • 普段飲んでいるお薬は、服用していただいても構いません。
  • 女性の方は、当日お化粧をしないでご来院ください。
  • 服装は普段着で構いません。手術時は、専用の術衣を上から羽織って頂きます。
  • 眼帯をしてお帰り頂きますので、お車でのご来院はおやめください。
  • 術後痛むことは少ないですが、痛みがあるようでしたら、痛み止めを使用して下さい。
  • 数日後に再来院ください。
  • 術後、日常生活の中で特にしてはいけないことはございません。

 閉じる