眼内コンタクトレンズ治療【ICL】


Implantable Contact Lens (ICL) Vision Correction 眼内コンタクトレンズ治療は レンズを目の中に入れて視力を矯正します。 眼内コンタクトレンズ治療は、角膜を削らない視力矯正法で、あざやかな見え方でドライアイや夜間のハロー・グレアの出現が少なく、長期安定性に優れた結果が期待されます。

  • シャープであざやかな見え方が期待されます
  • ドライアイの原因になりにくい
  • 良好な夜間の見え方が期待されます
  • 薄い角膜の方にも対応
  • 生体適合性の高い素材のレンズを目の中に入れます
  • 入院不要の治療で、翌日には快適な視力回復が期待されます
  • 近視や乱視の強い方にも対応
ICL

眼内コンタクトレンズ治療ってどんな治療法?


眼内コンタクトレンズ治療は、レンズを目の中に入れて視力を矯正する治療法です。 インプランタブルコンタクトレンズを略してICL治療と呼んだり、フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)治療と呼ばれることもあります。レンズは黒目(虹彩)の後ろ側と水晶体の前面の間に固定しますので外から見てもわかりません。

目にやさしい

生体適合性の高い素材 目の中に入れるレンズは、ソフトコンタクトレンズのような柔らかい無色透明の素材です。 有害な紫外線をカットする機能もあります。 半永久的に使用可能です。

ずっとお手入れ不要 取り出すことも可能

目の中のレンズは、くもったり汚れたりしないので、日々のお手入れやメンテナンスは不要です。目の中でゴロつきを感じることもありません。治療後に必要が生じた場合はレンズを取り出して元の状態に戻すことが出来ます。

日帰り治療 回復も早い

眼内コンタクトレンズ治療の治療は、レンズを専用の器具で目の中に入れます。 麻酔は目薬だけですから痛くありません。また傷口が約3ミリと小さいので回復が早く日帰りで可能です。縫合や抜糸の必要もありません。

角膜を削らない大きな光学系

 眼内コンタクトレンズ治療なら、角膜を削らないので角膜の形がほとんど変化しません。また光学系が大きく確保できるため、夜間に問題となるハロー・グレアの抑制による、優れた見え方が期待されます。

将来の目の病気の治療に影響を与えません

眼内コンタクトレンズ治療のレンズは、取り外して元の状態の戻すことができるので、将来白内障などの目の病気になった際に、治療の選択肢が狭まるようなことがありません。

治療は誰でも受けられますか?

適応年齢は21歳~原則45歳で、 他の目の病気(緑内障や白内障など)や全身疾患のない近視や乱視の方が対象になります。強度の近視や角膜の薄い場合も対象になります。目の形状や状態、他の疾患をお持ちの場合は治療を受けられない場合があります。詳しくは医師の検査を受けて下さい。

眼内コンタクトレンズ治療の歴史

1978年から開発が始まり、現在の眼内コンタクトレンズ治療は1997年に欧州、 2005年に米国で承認され治療がスタートしています。 国内では2003年から治験が始まり2010年に承認され一般に治療が始まりました。 2014年にレンズがHole ICLというレンズの中心部に小さな穴が開いたものに改良され、眼の中の循環を妨げない構造になり、白内障や緑内障の合併症はほぼなくなりました。当院もHole ICL(穴あきICL)を採用しています。

ICL

手術後の主な症状について

見え方について

視力の変動・・・術後1週間ほどは、炎症などで視力が変動することがあります。

ハロー・グレア・光の輪・・・

夜間や暗い中で光を見た時に、眩しさを感じる場合があります。通常は徐々に気にならなくなりますがこの症状が残る場合はご相談下さい。

一般的な症状(帰宅~翌日)

異物感、充血、かすみ・・傷口が治癒し、炎症が治まることで、時間とともに自然に改善します。

手術後の注意事項

一過性の眼圧上昇 手術後に眼圧を下げる治療を行う場合があります。

角膜内皮細胞減少 手術後3~4年の経過時で約4~9%の減少と報告があります。

手術後の感染のリスクは約0.01%と少ないですが、感染を起こさないように手術後一定の期間、日常生活の以下のような項目について制限があります。

○ 洗髪・洗顔 ○ シャワー・入浴 ○ 化粧・アイメイク ○ 飲酒・たばこ ○ 運転 ○ 運動 ○ プール

Q&A

Q. 治療を受ける制限はありますか?

A. 目の形や病気、全身疾患などによって治療の対象とならない場合があります。事前に詳しい検査を行い、目の形、状態、生活習慣などを総合的に検討して治療が可能かを専門の医師が診断を致します。また正確な検査のためにコンタクトレンズ(特にハードレンズ)は一定の期間装用を中止していただく必要があります。妊娠中、授乳中は視力が不安定になることがあり近視矯正手術はできません。

Q. 手術は痛いですか?

A. 目薬タイプの点眼麻酔をしますので痛みはほとんどありません。

Q. 眼内コンタクトレンズを入れていることは他人に気が付かれますか?

A. 虹彩の後ろに挿入するので、外からは見えません。

Q. 「ハロー」・ 「グレア」とはなんですか?

A. 暗いところで明るいライトなどを見た時に光の周りににじんだ輪が見える現象をハロー(光輪症)といい、ギラギラと光ってとても眩しい症状をグレアといいます。症状の度合いや期間には個人差がありますが、治療後数ヶ月で自然と気にならなくなることが一般的です。

Q. 費用は公的医療保険の対象ですか?

A. 公的医療保険の対象ではありません。ご自身で加入している民間保険の給付については、「有水晶体眼内レンズ挿入術」が対象かどうか、加入保険会社へお問い合わせ下さい。

Q. 老眼も治りますか?

A. 40歳頃から加齢に伴う調節力の衰えにより「手元が見にくい」と言った老眼の症状が出始めます。老眼は遠近のピントを合わせる能力が衰える症状です。眼内コンタクトレンズ治療は近視や乱視など屈折の矯正を行いますが、老眼の治療ではありません。老眼により手元が見にくい場合は近用眼鏡(老眼鏡)等を適宜使用して下さい。

CLの費用

ICLは自由診療です。

  • 両眼で 乱視矯正なし 700,000円(片眼350,000円)(税込)
  • 両眼で 乱視矯正あり 740,000円(片眼370,000円)
  • 術前検査、手術費用、術後1年間の検査、診察、薬剤費を含みます。

    ※ICLは確定申告時の医療費控除の対象です。申告の際に手術費用の領収書が必要になりますので大切に保管下さい。

    ※ ICLが受けられる眼かどうかの適応検査 7,400円(税込み)。

手術までの流れ

最初に手術が受けられる状態か適応検査を行います。手術可能な方は術前検査を予定します。コンタクトレンズを使用している方は、術前検査の精度を上げるため、術前検査の前、ハードコンタクトレンズは3週間、乱視用ソフトコンタクトレンズは2週間、普通のソフトコンタクトレンズは1週間以上中止して頂きます。 適切なレンズのサイズと度数を決めるため、術前検査は2回に分けて検査を行います。 当院では、カシア2前眼部OCTなどの機器を使用しております。 2回検査終了後に、ICLのレンズを発注し、このときに申込金として片眼160,000円(両眼で320,000円)をお支払い頂きます。残金を手術翌日にお支払い頂きます。 レンズは注文生産なので、レンズ発注後に患者さんのご都合でキャンセルされた場合には返金できませんのでご注意ください。 乱視矯正レンズを入れて、回転し乱視が残った場合、1年以内の再手術費用は無料ですが、 術後屈折誤差でレンズ入れ替えを希望された場合、片眼160,000円(税込み)の再手術費用がかかります。

治療の流れ

〈視力検査〉視力検査、角膜内皮細胞測定、カシア2で前房深度測定、OCTなど

〈術前検査①〉 調節麻痺薬(サイプレジン)を使用して視力検査、レッド・グリーンテスト、前房深度測定、眼軸長測定、角膜厚測定、角膜径測定、採血検査など

〈術前検査②〉視力検査、前房深度測定、散瞳薬を使用し眼底検査など。申込金お支払い。

〈手術〉 手術翌日に残金のお支払い。

〈経過観察〉

 閉じる