糖尿病による合併症の一つです



糖尿病の合併症の一つに、眼の網膜症があります。 網膜の細動脈が障害を受け、網膜に出血、むくみなどが起き、進行してしまうと、 血管新生緑内障になり最悪失明してしまう可能性もあります。 糖尿病網膜症も初期には自覚症状がありませんので、糖尿病がある方、糖尿病予備軍の方は、眼科で定期的に眼底検査を受けられることをお勧めします。 眼底検査で網膜症の有無はすぐ分ります。また、網膜の浮腫みはスウェプトソースOCTという検査で検出することができます。
軽度の糖尿病網膜症の場合は、血糖コントロールなど内科治療がしっかりしてくれば、眼の合併症は落ち着く場合が多いです。 糖尿病網膜症が進行した場合は、レ―ザー網膜光凝固術が必要になりますが、当院では、パターンスキャンレーザーを採用し、治療時の疼痛が少なく、治療時間も短く済みます。


 閉じる