ベリオンは、白内障手術で行う切開位置や眼内レンズ固定位置を手術顕微鏡を通して投影表示させる機器です。

ベリオンで患者さん個人個人の眼を手術前検査で徹底的に計測認証し、手術中にはデジタルマーカーに従って手術を行います。目測で行っていた手術より精度の高い白内障手術が可能となりました。
従来、白内障手術で乱視用の眼内レンズを使用するときは、手術前に眼球表面に目測で特殊な印をつけて行っていました。ベリオンではその必要が無くなりました。ベリオンはMesurement Module,Planner,Digital Makerの3つの機器で構成されています。

1.Mesurement Module

白内障手術の術前検査でMesurement Moduleを使用し、患者さんの眼表面を高解像度のデジタル画像で数秒間の間に約千回撮影し、強膜(白目)血管、角膜輪部(黒目の周り)、虹彩(茶目)、眼の中心軸を捉え、同時に光学的に角膜屈折力を非接触で測定し、患者さん個人個人の眼の認証を行います。


2.Planner

検査結果を元に、Plannerで眼内レンズの度数の計算を行い、乱視が最小になる眼内レンズの固定位置と手術切開位置をプランニングします。


3.Digital Marker

そしてこのプランニングした眼内レンズ固定位置と手術切開位置を、Digital Markerで手術顕微鏡の画像と一致させ、眼科医が見ている顕微鏡に投影表示させます。この顕微鏡に投影表示された目印をガイドに手術を行います。患者さんの眼が動いても、アイトラッキング機能で追従し、正確な位置を表示します。
基本的に白内障手術を受けられるすべての方にベリオンを使用しています。 (患者さんの費用負担はありません。) ただし術前検査で正確に眼の認証ができない場合は、ベリオンを使用しないこともあります。