白内障は、眼の中のレンズの役目をしている水晶体が混濁して、見えにくくなる病気です。
白内障手術は、水晶体の混濁を超音波の機械を使って除去し、「眼内レンズ」という人工のレンズを移植する手術です。 点眼麻酔程度の局所麻酔でほとんど痛みは無く、白内障の程度で多少時間は変わりますが、手術は約15分で終わります。 超音波の機械を挿入する傷口は約2.4㎜程度の細さで、術後の乱視の増加がしにくいのが特徴です。 また、クリーンルームの手術室で手術を行いますので清潔で安心です。当院では、センチュリオンという超音波機械を採用しています。

オートサートという、自動で眼内レンズを挿入する道具も備わっています。 術後の見え方に大きく影響するのは、眼内レンズの種類、眼内レンズの度数、乱視の程度です。 眼内レンズの決定には、患者さんの趣味、仕事、ライフスタイル、希望などをお聞きし、最適の眼内レンズを提案します。

手術前後のスケジュール

手術日決定
視力検査、眼圧検査、眼底検査などを行い、手術日を決定します。

手術日の1~2週間前ごろ
黒目(角膜)のカーブの長さや、光学的眼軸長(眼の直径)検査、角膜形状解析検査などの検査を行い、眼内レンズの度数を計算します。その後、手術内容をご説明させていただき、患者様と眼内に挿入するレンズの度数を決定します。

手術日
火曜午後2時から手術です。その日のうちに帰宅。次の日まで眼帯はして頂きます。

術翌日
眼帯を外して、視力検査、眼圧検査などを行い、診察します。

術後3日目
診察、検査
その後約1週間後、2週間後、1か月後、2か月後と診察があります。

手術にかかる費用

 
    3割負担の方(片眼)約4~5万円
    1割負担の方(片眼)約1~2万円

費用はおおよそです。使用する薬剤などで多少変動します。
日帰りですので、ご面倒な入院と、入院にかかる費用がかかりません。

白内障手術説明会

当院では、毎月2回、土曜日(各週)の13時〜13時半まで、日帰り白内障を考えている方とそのご家族の方、また一般の方のどなたでも参加できる白内障手術の説明会を開催しております。
(白内障手術についてご希望の方は、お電話025-282-5586にてお気軽にご予約ください。)

 閉じる